読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもとまなぶ。

二歳差の兄弟とのゆるゆる知育のきろく。

耳をすませば。

ジブリ映画の「耳をすませば」。先日地上波でやってましたね。

私が好きなので(柊あおい世代。年がばれる・笑)録画していたのを子供にも見せたのですが、何かが琴線に触れたようで長男がヴァイオリン、ヴァイオリンと言っております。

別に習っているわけでも、身近にヴァイオリンがあるわけでもないんです。

それでもことあるごとに「ヴァイオリン」。

ことあるごとに「ヴァイオリン工場」(聖司君のは工房)。

ことあるごとに「ヴァイオリン作りたい」「ヴァイオリンは何でできてるの?」「ヴァイオリンが壊れたらどうするの?」「ヴァイオリンはどんな音?」「ヴァイオリンとギターの違いは?」と。

たぶん、今の彼は一日に100回くらい「ヴァイオリン」と言っています。

 

そして、先日補助輪付自転車で坂を上るときに

「ママを、後ろに乗せて、坂をのぼるって、決めたんだ!」

と言っていました(笑)。

聖司君か!

母は後ろから自転車を押してますけどね。とりあえず、雫のセリフを返しておきました。

 

どうも、聖司君が好きなようです。